So-net無料ブログ作成

3DS LL ヒンジ部の分解/組立てのコツ[備忘録] [実験]

3DS LLの上液晶が割れたので部品調達し、バラして液晶交換し組立て直してみました。
事前に分解の手引きや動画を検索して望んだのですが、どうも上手くいかなかった2箇所を備忘録としてメモっときます。

[その1]分解時のヒンジ部品のずらし方

ヒンジ部品をスライドさせるためには条件がありました。
後に知ったのですが、上蓋を「カチッ、カチッ」と2段階開けた状態でないとヒンジ部品はスライドしない、とのことです。
この条件を知らずに閉じたまま無理矢理こじっていたため(「慢心の力を込めないと動かない」と言うコメントを信じて作業していた)、ヒンジ部品はボロボロです。
(とりあえずは使用に耐える状態には組み上がりましたが...)

[その2]組立て時のフレキケーブルのヒンジ通し

スピーカフレキ→ カメラフレキ→ 液晶フレキ の順に通します。
※重要なのは、
この順に外側から内側に並んで巻かれることをイメージします。 
・各フレキが通ったら、組み上げる時のフレキケーブルの位置を考えヒンジ内でのフレキの位置を都度調整します。
コレを怠ったため、最初に通したスピーカフレキが、何故か一番内側を巻かずにまっすぐ通ってしまい、抜くことが出来ない事態に。無理やり抜くためフレキを若干折りました。
(コレは結果オーライで最終的にはコネクタにはめるときにフレキを折り曲げることになるので良しとしましょう)

上の2点以外は、思ったままに作業すれば上手く進みます。
LLは見事復活を遂げました。


----------
失敗画像、ほか
----------

無理矢理こじった結果、ヒンジの部品がボロボロに。
ココまで砕けても組み立て後は問題なく動いてくれてます。
LLヒンジ.jpg

フレキ通し失敗の図
スピーカフレキが何故か一番内側から巻かずに出ている。
さらに飛び出し量が少なすぎ。抜きたくてもヒンジ内を上手く通せず最悪の状況。
LLフレキ失敗.jpg

フレキ通し直し:スピーカフレキ+カメラフレキ
1枚づつ、長さを確認しながら慎重に。
LLスピーカ+カメラ.JPG

フレキ通し直し:フレキ全3枚
スピーカフレキ、カメラフレキ、液晶フレキの順にきれいに巻かれてる。飛び出し量はこんなもんでしょう。
LLフレキ3枚.JPG

今回納品された液晶
見る限り元の液晶と全く同じなので、純正品の検品落ちを再利用しているのか。しかし、問題なく動いてます。
LL液晶.jpg

----------
参考動画、参考画像
----------

【音声解説付き!】3DSLLの分解方法と3DSLLで一番故障する箇所!
https://www.youtube.com/watch?v=XrrfxgBKJpU
 ヒンジ外しが参考になりました

3DS LL 液晶交換・電源落ち・上下分裂修理手順(完全版)分解組立て方法
https://www.youtube.com/watch?v=J8rvGelYQbU
 全体の流れを掴みやすい

@kouchan66 の3DSLL上部液晶パネル交換
http://togetter.com/li/696111
 ヒンジ外すときは開いて作業してます(2ページ目)
 電源ヒューズの場所の解説もあります
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。